しなやかな会社づくり - 企業家と経理 - Firm Company

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
危機管理     防災の日             (危機管理:本筋の話)

 今日は防災の日です。色々な関連記事を読みました。これらから数字を使ってまとめてみました。予測記事からです。

 

 東海・東南海・南海地震が起こった場合の話です。大阪の大正橋のたもとに江戸時代の地震で起こった津波の被害を記した石碑があります。後の世代は同じ災難を防ぐため、石碑に墨を入れて忘れないように、との戒めがあり、地元の保存会の方々がそのことを継続されています。

 

 この時(江戸時代)、初めの地震の翌々日にさらに大きな地震が来て、最初の地震で地面が揺れて不安なので、船に避難していた人たちが大勢犠牲になられたとのことです。この2回目の地震こそ東南海に次ぐ南海地震にと例えられています。

 

 2連発、3連発がある可能性が高いようです。マグニチュードで揺れは1分以上とのことです。

和歌山の勝浦に7メートルの津波が10分後に来ると(予測)されています。以下、予測です。淡路島には5メートルのが50分後に来ますと書かれています。3時間後には大阪の川が逆流し始める。電気は止まる。400ある大阪の水門は閉まらないと予測されます。

 

 帰宅困難者が23万人出ると。震度6で昭和46年以前の建物は75%が倒壊し、昭和56年以前の家も50%は倒壊する。重なる地震では救援物資は8か月来ない。電話は240回かけてやっとかかる確率。171番NTTで伝言ダイヤルを利用する。公衆電話は10円は要らない。円になるようです。

 

以上期は科学的な根拠に基づく予測です。準備と用心が必要です。

- | 09:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ