終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
会計と税務は別の世界・・・伸ばす世界と最小限まで下げる世界の違い 2

 会計と税務は、自動車に例えますと、道なき道をぶっ飛ばして冒険しながら新しい道を作ってゆくのが会計です。税務は道路交通法のようにスピードを押さえなさい、一旦停止しなさい、左右をよく見なさいなどと「法律による干渉」の世界です。法律に抵触しないように進まないといけません。

 

 このように、いわば水と油ですから、思考の中で水と油を一緒にしますと考えが流れて行っていい答えにたどり着くどころか、コテコテになってしまいかねません。

 

 会計も一定のルールに基づいて数字が組み上げられますが、その役目は「鏡」としてビジネスの実態を示すことにあります。ビジネスは探検であり冒険も伴います。動いた結果を見たり、動く前の行動の指針の材料として使います。このため会計には探検や冒険のにおいがつぃて来るものです。それは物語でもあります。この点が税務と異なります。税務は、決められた道を脱輪しないように衝突しないように進む地図ではありますが、大きく伸びる要素やアップダウンはありません。

 

 

チェックする点

□会計データには実際が反映されていますか。操作をしますと実際のカオが見えなくなります。

□顔には笑った顔(利益が出て順調な)と困った顔(欠損で資金にも困っているなど)があります。数字に困った点が出ます。

□笑った顔には油断、慢心が見える場合もあります。

□困った顔には、その困った原因が分かれば、大きく伸びるのが見える場合もあります。

□困った顔が、何年も続くのは社長の心が反映している場合が多いです。

 

 

- | 14:08 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ