終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鈍重な決算書を最速に変えるための・・・・2要素・2ポイント

1、目標と位置づけ

それほど意識しないで漫然と人件費と税金(所得税、法人税、消費税)を支払っているかもしれません。いくつかのチェックをして、その結果を見ましょう。

 

2、チェックする項目

・人件費(役員報酬、給与、賞与)+間接人件費(法定福利費、福利厚生費、通勤費)=総人件費を把握します。

・総人件費/稼働日数=1稼働日当たりの総人件費を出します。

 

・支払う税金を予測します。利益×35%+(課税売上ー課税仕入)×8%=概算税負担額を把握します。

 

・ある期間の粗利益額を把握します。損益計算書からは出しません。在庫調べを毎月正確にされておられる場合は損益計算書の売上

 総利益の金額を用いて下さって結構です。

  そうでない会社では、PCなどの取引データの売上データとその売上の仕入原価を対比する作業をします。根気が要りますがここ

 は乗り越えてください。販売管理のソフトを使用されておられる場合はEXCELに書き出して加工できます。

 

これらの計数が手許に集まりましたら、ここから思考をめぐらせてこれらのデータが発する物語を汲み取ります。

 

なるべく「例え話」や仮想事例を使って、数字の関係や意味を知るように進めます。

大事なことは、

 急がないこと、

 思考の段階を飛ばさないこと、

 少ない事柄を理解することで深く応用できるようになれば良いのです。

 決して、知識を増やすことを考えないで、少ない材料で深く理解することが大事です。

 

 

 

- | 19:24 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ