これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鈍重な決算書を最速の内容に変えるには・・・分岐点にいることの自覚

 会計数字は問題を発見し、その問題の「底」を見るために使います。上辺ではなく。

なぜなら上辺や表面的な認識では、決心がつかないで、結局のところ行動に結びつかないのです。

 

 人間の場合も言ったことと、したこと(行動)を見ることによって底が分かります。正面からの言葉より、気を緩めた何気ない言の葉から本音が見えます。面接試験などで構えた状態で「タバコは吸いません」と答えても、面接会場を一歩出たらすぐタバコを吸い始めることは良く聞くことです。それがその人の「底」なのです。

 

 国の「底」は議会を見ればわかるように思います。いまの国際情勢の中で、あんな議論しかできない議員しかもてないのが日本の現実と思います。

 

 貴社の「底」は、見えていますか。粗利益に占める総人件費の比率を是正することが勝負時であり、今まさに分岐点に居るのです。

この比率が上昇したうえに、税金/粗利益、借入返済額/粗利益 の比率が上がってくると貴社の成長の見込みは薄くなります。

 

 また人件費の対局としての外注費の比もチェックしましょう。総人件費/粗利益が上昇したうえに、粗利益に占める外注費の割合が増えるのは黄信号がともっていることです。何が社内で起こっているのか考えてみましょう。

 

ここには現代日本の外注文化の広がりがあります。芯になる人材が居なくなり、先行き困ることになります。

 

 

 

- | 15:59 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ