これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
悪化する環境を乗り越える・・・倒産予備企業にならないために1

 前回に続きTSRの指標の意味することをワカリヤスク説明させていただきます。用いられています指標は以下です。どれも自社の倒産までの距離を示す指標です。これら以外にも有用な指標がありますが、キリがありません。指標の森に迷い込んで大局を見失ってはいけません。「少ない材料で徹底的に考える」ことが重要です。

 

1、有利子負債構成率

2、自己資本比率と債務超過

3、経常利益率

4、当座比率

5、総資産

 

1、有利子負債構成率

 長期短期借入金/総資産で示されます。注意しなければならない点は分子の「長期短期借入金」とは利子をつけて期限までに返済しなければならない借入金をいいます。ですから社長や役員からの借入金で返済期限があってないもので、しかも無利息のものは長期短期借入金ではありませんので除きます。

 

 分母の総資産は貸借対照表の合計金額です。貸借対照表は文字通り左右の合計金額がイコールですから資産合計または負債及び純資産合計のどちらの数字でも構いません。

 

 よく似た比率に「有利子負債比率」があります。これと混同しないようにしましょう。有利子負債比率は「有利子負債/自己資本」で示されます。分母が違います。有利子負債構成率も有利子負債比率も、共通する点はその値が低いほど良いのです。現実には中小企業は借入金が多く自己資本が脆弱で金額も少ないですから、「比率」の方はあまり使いません。借入金が少なくなって自己資本が充実した段階から参考にしてもいい指標です。

 

 この有利子負債構成率の意味は・・会社の経営に参加しているすべての価値に占める金融機関などからの借金が占める割合を示します。立派な社屋を建て、最新の機械を備え、社長や役員が高級車に乗っている中小企業は世間に多いですが、この比率が例えば70%なら、社屋も新鋭機械も、高級車もその7割は外部の金融機関が貸してくれているということです。

 

 人間のカラダに例えますと、元気そうな人にみえても実は輸血を続けながら生きておられるのです。自力で血液を作る機能はありますが30%なのです。利子がつきますから自己の造血機能は利息の分だけ負担がかかります。造血機能が100%で循環している人に比べ、負担が大きいので寿命は短いかもしれません。輸血の割合が少なくなってゆくなら話は別ですが。

 

 この指標一つをとっても自社に当てはめますと先行きの指針が見えてきます。国も銀行も頼れない時代へ変わってきます。まだ時間がある今こそ自力で立てる方向へ進みたいものです。

 

 

 

 

- | 12:04 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ