これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
悪化する環境を乗り越える・・・倒産予備企業にならないために 6

 債務超過とはどのようなことを言うのでしょうか。漢字に答えがあります。

債務が××を超過しているのです。××がわかりますと債務超過が理解できます。

 

 ××とは資産です。資産より負債の方が多いことを言います。

仮に資産が100ある会社を例にとります。債務の方が多いのですから資産の100以上の債務があるのです。債務の額を120とします。

20が債務の超過額です。

 

 資産ー負債=純資産でした。数字を当てはめますと資産100ー負債120=▲20ですね。

この▲20は純資産の「食い込み額」を示します。別意の表現では自己資本がゼロを通り越してマイナス20なのです。

 

 TSRのデータでは倒産企業の自己資本比率が▲9.3%と説明されていました。上記の例よりマシですが、資産より負債が多いのは同じです。

 

 このことを現実に即して説明しますと、資産の部には

・現金

・売掛金

・在庫

・固定資産などがあります。この合計が100です。

 

負債の部には

・買掛金

・未払金

・借入金があり、その合計が120です。

 

 資産の部の固定資産を処分してお金に換え、在庫も現金化し、売掛金を回収しましたら手許の現金と合わせて100にしかなりません。

 

 借入金などは120あります。100では返せない債権者が出ます。債権者は勘弁してくれません。結局、破産するしか出口はないのです。

 

 事が起こったら破産ですが、資金が繋がっている間は表面化しません。このような表面化しないけれども、内実は破産している会社が多いのです。増えています。

 

 こうならないように借入金には注意しなければなりません。私たちは、上場会社の有価証券報告書を見ることができます。結構無借金の会社が多いです。

 

その原因は収益力の違いです。別の表現で言いますと借金の絶えない会社は、粗利益が少ないのです。

- | 12:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ