終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
悪化する環境を乗り越える・・・倒産予備企業にならないために 8

 TSRのレポートには、最後に「倒産企業は総資産が10%減少している」とあります。

反面、生存企業は4.2%総資産が増加していると書かれています。

 

 これまでの、良くないパターンでは、在庫や固定資産がいつまでも貸借対照表に残っていることは「鈍重」である、在庫や固定資産が減少することが活性化してゆく道であると書いてきました。総資産が減少することが倒産企業の特徴であるのは、これまでの叙述内容と逆ではないかとの疑問が生じると思います。

 

 ここで気をつけなければならないのは、

総資産が10%減少した企業=倒産企業であるということです。

 

 一方、貸借対照表をスリム化してゆく企業は、倒産企業ではありません。

人体で例えますと、肥満体で血液の循環が良くない、糖尿の症状も出ている、血圧(ケツ圧も)が高い、しかしパワーはある、このような人がぜい肉を絞り、原料の結果、筋肉質になった場合はもっと本来のパワーを出すことができるのに比べ、倒産企業のばあいは、

・まず資金がない

・在庫も売り払った。

・設備も老朽化して古いために、帳簿の残高もスクラップ価額(残存価額)に近い。

 

このような状態の場合は、人体に例えますと活力が抜けてゆく状態です。確かに総資産は減少の傾向になります。

 

 ですから同じように資産が減少しても、余力がある状態で活性化のために余分な資産を減少する努力をしている会社と、倒産企業とを一緒にして良いものではありません。

 

増減する資産の種類で良し悪しが決まります。あくまでもアウトラインですが、〇×△で分けてみましょう。

 

・現金の減少は血液が減少するのと同じです:×

・売掛金は売上が増加することと並行するなら:〇

 売上が減少するのに売掛金が増えるのは、不良(滞留)債権が増えている可能性があります:×

・在庫が右肩上がりで、売上も増えているなら:〇

 売上が減少しているのに在庫が増える場合は、売れ残り品が溜っているかもしれません:×

・固定資産が増えることは、設備投資の結果です。勢いがある一方、陳腐化した設備が整理できていないかもしれませんので、どち 

 らともいえません:△

 固定資産が減少する場合は、設備投資ができてないか、あるいは逆に、技術の進歩に沿って旧設備を改廃したことも考えられます

 ので、どちらともいえません:△

 

 

 

 

 

- | 12:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ