これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
悪化する環境を乗り越える・・・倒産予備企業にならないために 9 まとめ・その㈠

 前回まででTSRの倒産指標を用いた説明は終了しました。

 

まとめに入りましょう。

 

ポイント1<資金>

あるか、ないかしかありません。逆立ちしても資金が出てこないのでは、事業もそこまでです。資金だけでなく、命も、生きるか、死ぬか、行動も、するか、しないか、時間もあるか、ないか、二つに一つです。浮かれた人が多い今どき、資金一つに集中して勝負時に儲け損ないをしないように、資金の獲得に集中しましょう。

 

ポイント2<貸借対照表と組織>

・コンパクトな貸借対照表が鈍重の逆であると申し上げてきました。コンパクトな貸借対照表になるには、組織もコンパクトであることが大事です。複雑な組織のもとで整理されない日常業務からはコミュニケーションのズレが起こり、コンパクトな貸借対照表もひいては損益計算書もできません。

 

ポイント3<粗利益が少ない、粗利益率も低い>

・粗利益率が低いことにより、十分な開発費や試験研究費もでません。給与も十分な額が払えないため、人員不足で余裕がなくなり、その先にあるのはシエアを失うだけです。シエアを失わないために売値を下げる、そして更に粗利益は下がる悪循環に入ります。ムラの「常識」に追随することは危険なのです。その意味で唯我独尊が事業をする人が取るべきお立場でしょう。

 

ポイント4<低い生産性と給与>

・給与に関する、いろいろな報道や政府などの公表データに捉われてすぎますと「常識的な給与」に落ち着いてしまいます。経営計画を立てられる時にも、この「常識」が働きますから長い目で見ますと(国際的な視野からはも)低賃金企業になってしまいます。人間はお金だけではない、というものの、たとえ志が高くても給与が低いままですと集まる人材には上限があります。そこが事業の上限になります。

 

 

 

 

- | 12:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ