終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
国税庁の統計情報が示すこと

 国税庁のホームページでは税務統計を開示しています。平成28年度(28年4月から29年3月末まで)が最新の統計です。国税の滞納に関するデータによりますと28年度の新規滞納税額は6千2百20億9千800万円で、税金の種類ごとに順位づけしますと、次のようになります。

 

1、消費税 3758億1千400万円(547,066件)1件当たり平均滞納額687千円 総滞納額に占める割合60.4%(木村計算)

2、所得税 1166億9千9百万円(564,396件)1件当たり平均滞納額206千円 総滞納額に占める割合18.7%(同 上)

 

 3位以下は源泉所得税や法人税などです。

詳しくは国税庁HPwww.nta.go.jp→刊行物等→統計情報→(各国税局ではなく)国税庁→4、国税徴収・国税滞納・還付金の平成28年HTMLをクリックしますと2、国税滞納のPDFをクリックしますと<17>で滞納データを見ることができます。

 

 次の<18>では「還付金」の28年度(28年4月から29年3月まで)の支払い状況が示されています。

還付金の総額は9兆7千5百62億8千8千6百万円で、滞納額よりも一桁多い金額です。

 

税金種類別の還付金ランキングは以下の通りです。

 

1、消費税   5兆6706億3千万円    総還付税額に占める割合58.1%(木村の計算による。以下同じ)

2、源泉所得税 2兆756億4千4百万円      同   上   21.2%

3、法人税   1兆6591億5千9百万円     同   上   17.0%

4、申告所得税  1649億8千6百万円     同   上    1.6%

 

以上の統計が示す事実は滞納税金の6割が消費税であるとともに、還付金の6割近くも消費税であるということです。

払えない人が多い税金が消費税であり、還付される税金もトップは消費税です

そういう意味では統計上であるとしても「ド派手」な税金です。

 

この意味を考えてゆきます。

 

- | 14:29 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ