終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
消費税の還付がダントツであるわけ

Q:国税庁の統計で、還付金の税金別内訳で、消費税の還付が一番多いのはどのような理由からですか?

 

A:それは消費税という税金の仕組みから来ています。

 

 消費税は何にでもかかるのではなく4種類に取引を分類し、そのうちの課税扱いになる取引だけに課税されます。

4種類とは課税売上、免税売上、非課税売上、対象外取引です。

 

 免税売上とは輸出によるものです。非課税とは利息収入や土地の売上、医療の売上などです。対象外とは配当金収入や損害賠償金や保険金の入金など、消費税の課税になじまないものを指します。

 

消費税の計算方法は幹だけを取り出しますと下の算式で表されます。

 

ある納税義務者の取引のうち対象外取引以外を取り出します。

 

(課税売上 鴫歙濃兎◆×0.8+(免税売上×0%−課税仕入×0.8)+(非課税売上×0%ー課税仕入×0%)=その納税義務者が負担する消費税額

 

一番目の括弧は「お客様から預かった消費税から、自分が負担した消費税を控除した差額を示します。最もオーソドックスな納税タイプです。

 

二番目の括弧に注意しましょう。輸出売上には税率をかけますが、その税率はゼロなのです。一方、輸出品を製造するまでの国内で負担したコストにかかった消費税は控除してくれます。輸出の場合はこの算式のように常に課税仕入の8%相当額の消費税が還付される構造になっています。

 輸出の税率がゼロであるのは、輸出品は、国外で消費されるものですから日本の税金を異国の消費者に負担させることは出来ませんからゼロなのです。

 

三番目の括弧の説明をします。「非課税」では漠然としていますので、例として社会保険医療ばかりする病院を想定します。この病院の収入は非課税ですからゼロを乗じます。しかし病院は医薬品や医療機器はじめ医療用消耗品を購入する際に消費税を負担しています。これらの仕入れの消費税は控除できません。従って課税仕入×ゼロと表現されます。

 

 免税と非課税は売上には課税されませんが、仕入れ控除ができる輸出と、それができない非課税(例:病院)では前者が還付金を手にできるのに比べ、後者には還付はないのです。

 

輸出企業が日本の経済を支えている一面がありますが、そのことは多額の還付金が発生するという現象になります。統計が示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

- | 18:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ