終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
のど元過ぎれば、、、

 経営をする人にとっては、税務は大した問題ではない。もっと大事ことがある。だから、税務の問題が起こっても、その時その時を凌いでゆけば良い。

 

 このような考え方が多いように見えます。巨大な会社でも新聞に大きく書き立てられた場合の会社の応対はパターンが決まっています。

  ・指摘されたことに対し、修正申告に応じた。

  ・または、疑問はあるが、修正し、納税を済ませた。

 

芸能人などの場合はこのようなものです。

  ・会計事務所に(税理士に)任せてある。自分はしらない。(会計事務所の責任ダア)

  ・税務署の言うとおりに既に修正申告した。納税もした。

 

 共通するのは、自分の税金でありながら、他人事のような言い方です。たしかに税金は複雑でワカリニクイですが、「(税務署が)言われることに従った」「不足分は納めた」これらで一件落着!のようです。のど元過ぎればです

 

 会計事務所もいろいろあります。何故指摘されたのか詳しく説明しない会計事務所もあるでしょう。或いは説明しようとしても、納税者の方が聞く耳を持たないのかもしれません。

 

 私の経験では、特に最近は「聞く耳を持たない」人が多いです。そして陰では、税理士が悪い、会計事務所が頼りない、との小言を友人などに言います。

 

これですから、税金の意味を考えることもしません。税務署の指摘に、それは違う、という人は、おられるようですが、少数派と認識しています。

 

 こ難しい税金の話などよりもっと面白いことがいっぱいある、楽しいことがいっぱいある、お金さえあれば、、というところが本音のようです。

 

変わらない国民性かもしれません。

 

それはそれで行かれたら良い思います。

 

ただ同じことを繰り返して年月が経って知恵が集積しないままなのです。

 

 しかし、税務のルールには相互関連して、経営に大きなヒントをもたらしてくれる要素もあります。

細かいことは専門家に任せるので良いですが、ここという点に関しては知っておかれると役に立ちます。

 

- | 20:30 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ