これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
相互に関連する税務の要点を押さえる

Q:設備投資が今年の税制改正の一つのポイントであることは分かりました。これを進めるとしますと、どのようなことに注意しなければなりませんか。

 

A:細かい手順や要件が税法のルールで定められています。その前に、設備投資をすることによって経営上に、どのような波紋が広がるのかを知ることも重要です。

 

 細部にアタマが行く前に大局においてどのような影響が我が社に出るのか、その影響は我が社の強い点や弱い点とどうかかわるのか、などを予見しましょう。

 

具体的には次のようなことが想定されると思います。

 

1、設備投資の資金はどのように調達するのか?

2、資金調達を銀行借入で行うのか、リースで行うのか?

3、これ等の調達をした場合、リース期間または償還期間までの会社の資金繰りはどうなるのか?すぐ売り上げが上がるものではな 

  いのが普通です。

4、収支分岐点が上がることが予想できる。分岐点をクリアーできるキャッシュの確保は、確かなアテがあるのか?

5、資金の調達を増資で行えば資本金が増額され、税制上で「中小企業の優遇規定」の適用を受けることができなくなることがある。

6、中小企業の優遇とは何なのか、理解できているのか?

7、増資に際して発行する株式によっては、一定額の配当を義務付けられる種類の株式があるが、配当を一定額行うことで、キャッ 

  シュフローの出金が増えるが、営業の資金循環の足を引っ張る可能性はないのか?

8、そもそも営業資金の収支バランスが崩れる限界点は月商でいくらなのか?

9、設備投資が多額であるほど消費税では税金が減額になったり、金額によっては還付される、そのシミュレーションはしてみた 

  か?

10、設備投資をすることで、従業員の配置や訓練に不足はないのか?

11、人材が集まらない中で、わが社に人は来るのか?人件費の上昇が収支を悪化させることは承知か?

12、人が来るには、福利厚生制度や退職金制度をはじめ、規則的な有給休暇を取る仕組みが必須であるが、備えはOKか?

 

 

このように、キリがないほど抑える点が「湧いて」きます。

 

少し詳しく、見て行きましょう。

 

 

- | 19:04 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ