これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
現場でどこまで本音の話が出来るか、、

 中小企業でも現場の従業員さんと経営者が、本音で話し合うことは少ないと思います。

両方の立場は潜在的に敵対的です。孫子の言う「上下、欲を同じくし」にはなっていません。経済的には階級的対立になっています。

 

 そのため経営者は孤独です。しかし一人では会社の経営はできません。従業員さんが協力してくれるからこそ、会社が動くのです。

 ここで、いい気になって、なんでもうまくゆくと思ったら大間違いです。従業員さんの顔の後ろにどのような感情があるのか、見抜けることが重要です。

 

 どれだけ待遇で報いても、裏切りは常に起こります。経営者が大風呂敷を従業員さんの前で広げても、実現できなければ、これは

一種の裏切りです。

 

 相互に裏切りの可能性があるのです。

その現実のモトで、全社が一丸になって前へ向いて進んでゆくようにリードしなければなりません。よく似た言葉に「コントロール」がありますが、支配のような匂いがあってはいけません。リードです。

 

リードの基礎になるのが、現場での実務を介しての本音の遣り取りです。

 

 よく経営計画発表会などに招かれることがあります。経営陣は大きなことを言います。それは誇大表示する気持ちからではなくて、(一緒に)いい会社にしたいと思う気持ちから出たのですが、聞く側(従業員さん) は、冷めた見方をしていることが顔に書いてあるようです。

 

方針発表会などの儀式や行事の場では本音は出ないと思います。

 

 しかし、日常の仕事に関係する設備投資にかんして、社長が意見を求めている場は儀式ではありません。ここでこそ真剣に本音の意見交換ができるところです。しかも「現物」で、です。現地、現場、現物でこそ「現実」直結する話ができるのです。

 

この時、社長は、従業員さんとの本音の対話から次のことを知ることができます。

・熟練度

・工程の知識

・基礎知識の理解度

・訓練の要否

・安全対策の必要度

・そのほか協力関係を築くために必要なこと


 それらから、設備投資してうまく回るために、不足している点が見えてきます。

資金も大事ですが、その前の段階である、上記の事柄がもっと大事です。

 

 

 

- | 15:21 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ