終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
次は資金です

 基本は資金と人の現実を知り、バランスがとれた設備投資をすることです。

これまで、その目的のために、

 

1、現場のナマ情報を社長自らが取り

2、予想資金の大枠を知り

3、従業員さんの現在位置を知る

 

ことをされてきました。

 

これで設備投資する「サイズ」が決まってきます。

 

つぎの問題は、そのための資金が十分か、不足しているかです。

 

そのためには

・社長自らが我が社の貸借対照表を見て、設備投資の資金に余裕があるのかを見てみましょう。

・注目する点は一月当たりの資金の支出額と入金額を3月位の平均で較べます。

・支出額は損益計算書でいう費用とは異なり、借入金の返済元金もそこに加算されていなければなりません。

 

不足の場合は、先立つものがない状態を示しています。

銀行借入や増資(投資育成会社からの資金供給も含みます)の道を探すことになります。

 

税の効果この段階で、設備投資をしたことが税を通じて資金に出る影響を知っておくことも大切です。

 設備投資により減価償却費や、適用要件に合えば特別償却費が法人税を下げてくれます。

 設備投資によって消費税が大きく減額されます。簡単な言い方をさせていただきますと、設備投資額×8%が納付税額から減額さ 

 れます。リースで資金を調達した場合も同じです。

 

税の効果を取り込んだ資金の先行きを見ることで、設備投資に無理がないかをチェックできます。

 

 

 

- | 12:02 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ