終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
佐藤一斎「孫子副詮」から読み解く、、、

佐藤一斎先生のご指摘のように、先例にならう流れは、今も続いているようです。アメリカなどと違います。maiking a defference!

で常に違いを生み出すことが求められるのと逆に、日本では違いを生み出そうとすれば浮き上がってしまいかねません。変わり者を排除するムラの思考が底流にあります。

 

付け加えますと、我々の土壌は

本音を言わない。裏や陰では嘘や誇張を交えて言いたい放題!

「ご注進」が大好き。立場が上の者には、陰からご注進して点数を稼ぐ!

・世間は内向き、若者も内向き。挑戦しない気風(みんながみんな、ではありません)、そして赤の他人には冷たい!

・冷たいだけでなく、湿気がまとわりつく、だるい空気。カラッとしてない。人も気候も!

仲間を売り、利益のためなら平気で嘘をつく

自分が悪いのにそれを認めない、聞いたことでも聞いていないという。しかし紙に書くことは嫌がる。証拠を取られるのはイヤ!

権威に弱い、異常に。反面、弱者には寄ってたかっていじめる、足蹴にする!

公(パブリック)の概念がない。自分と身内(プライベート)だけ。公共のルールは守らない。歩きスマホも、電車内のリュック

 サックも降ろしはしない。優先座席に若者が平気で座る。年寄りが前に立ったら、昔は寝たふり、今は下向いてスマホいじり!

オリジナルなモノは今後生まれない。

群れて権威に従って、内心は右見て左みてキョロキョロし、不安と怖れが動作にでている。

・学校では本の読み方も教えない、本を読めない。文章も書けない!

・みんないい人だけれど、イザという時、頼りにならない!

 

これが、これからも続いてゆきます。江戸末期から変わらないのです。明治維新や第二次大戦の敗戦があっても。

ここで、これから先を予測してみます

 

・日本は世界中からお金をムシられてゆき、窮乏化する。

・教育の質が良くないので人材は少ない。期待できない。

・税金は上がっても下がらない。

・可処分所得は下がる一方、従って消費は右肩下がり。悪循環に陥る。

・円安が続き海外からの材料は値上がりし、ますます粗利益は取れない。

 

- | 10:13 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ