終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
課税処分に?ですとは

Q:この意味は、どういうことなのですか?

 

二つの理由があります。

余りにも税法の改正が速く、しかも複雑になる一方です。

もともと事業の経営者さんはあまり勉強されません。しかも法律という地味なものは知ることもされません。税法などといいうシロモノは見向きもされません。基礎的な知識すら備えておられない場合が多いです。

 

二つ目の理由は、正確に税法に関する情報をワカリヤスク伝える税務の専門家が十分なコミュニケーションに時間を割いて、その会社に関する税務情報についての適用を解説し、優遇税制について適用を受けるかどうかを経営者が決めるまでフォローできてないきらいがあります。

 

そこへ税務調査が来ますと、経営者は、何が問題なのか理解できないのです。その場で説明を聞いても中々判断できません。結局、そこで何が浮かび上がってくるかと申しますと、経営者は我が社のことが分かっていない。税務専門家はその企業のことが上辺だけしかわかっていない、ということです。

 

新聞にもよく出ますが、大企業に税務調査が入った。課税洩れの疑いがあると新聞に書かれます。必ずと言っていいほど「税務署の見解を受け入れ、既に会社は修正申告を済ませた」と書かれてあります。

 

よくわからないから、すぐ長いものに巻かれるほうが良いと判断してしまうのです。下手に争って負けたら意見を言う株主から責任問題にされます。穏便に、穏便に!です。

 

外国と際立ったこの内向きの姿勢こそが、これからの命取りになってゆきます。自社のことも知らない、NOと言えない言わない、カオを立てるなど、自己の主張をして議論することを避ける珍しい姿勢が状況をどんどん悪くして行くのです。

 

 

- | 12:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ