終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2018年 夏! 大変革期を前に 4 チェックすること

 インターネットで興信会社の「倒産速報」をたまにはチェックしてみましょう。そこには負債総額のほか倒産の原因が書かれています。また倒産企業一覧では倒産が多発している業種がわかります。

 

 倒産には必ずその原因があります。新しい企画をして資金を調達してつまずかれたことが遠因で、手許資金のやりくりに困るようになった時期が暫く続いた結果、どうにもならなくなって倒産になるパターンが多いです。

 

 資金でのつまずきが、癒えないキズになって悪いように波及してゆきます。

このほかの原因は、受注(売上)の減少が続いた結果、一定ラインを越えてしまい、行きづまるケースです。

 

 どちらの場合でも自社の資金の限界を知らないことが原因です。まだ行ける、回復するだろう、銀行が融資してくれる、、などの甘甘い見通しが通じないのです。

 

 こうなれば、こういう手を打つ、といつでも次の手を繰り出せるようになるには、EBITDA、キャッシュサイクル、借入金返済元本をもとに自社の月次決算の数字をあてはめて「練習」しておかなければなりません。

 

 次に、今より少しでも資金繰りを良くするために計画を立てて厳守します。

計画の先にはフリーキャッシュが潤沢にあって予備資金を貸借対照表の「現預金の部」ではなく「投資等の部」に置いておく余裕のある状態をイメージしましょう。実際このようにしている会社は結構あります。

 

 このような会社は<投資等の預金ー銀行借入金>がプラスですので実質無借金なのです。

此処へ行くまで体質を変えるのですから時間がかかりますが、不退転の決意で進みます。

 

このような計画すらもたないのでは、経済の悪化の波に翻弄されるだけです。

- | 12:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ