これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
お人好しになっていませんか? ゾンビ企業にならないために

 

1、たまには地域の倒産速報を見ましょう(ネットで見ることができます)

倒産原因は破産が圧倒的です。一時のような民事再生はごく少数です。再建する力もなくなって破綻していってます。

 

2、改正税法を見てみましょう(これもネットでみれます)

改正の趣旨は企業の収益向上と生産性向上のための設備投資や人材投資を応援するためと書かれています。デフレ脱却と経済再生を目指して税法サイドから誘導しようとするものです。

 

具体的には

 ・設備投資をしましょう。5000万円以上が要件です。「生産性向上特別措置法」で「革新的情報産業活用設備」や「高度省エネ

  ルギー増進設備の取得」や「先端設備等導入計画」に基づく設備投資という文字が並びます。

 ・賃上げしましょう。新規に人を採用しましょう

 

 これ等を実行すれば特別償却や税額控除ができますという内容です。2の政策はこれまでと同様に、有効需要を喚起して経済を活性化する政策です。インフレに誘導して少しだけ熱い活気を我が国経済に呼び込もうというものです。

 

3、金融機関は借入を勧めてきます。

しかも二重の連帯保証がこれからのトレンドになるでしょう。金融庁が調べた結果、事業承継で代替わりした融資先に旧経営者の個人保証をそのままにして、新しい経営者からも個人保証を取っている割合が36%であると報道されています。その理由は融資先の倒産に備えてです。

 

4、役員退職給与を否認する判例が続いています。

事業を承継する場合に、これまで代表取締役社長であった方が取締役相談役に降りられ、後継者が代表取締役社長としてTOPに就任する例が多かったですが、この流れにNOという事例が出てきています。

 

 以上を「表面の顔」と「(利害がぶつかったときの)本音の顔」に分けて整理してみましょう。どちらも本当の顔です。しかし表面だけを一面的にみて奥行きまで見ないために、後々になって「こんなはずではなかった」になりがちです。続きます。

 

 

- | 12:23 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ