これから起こること『税金が払えません』&『課税処分に?です』 the Final Stage

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
これまでの考え方の見直し  決算と税務申告・更正の請求

 これまで少し黒字の決算をして、税金も少しだけ払う申告を繰り返してこられた場合、遡ってそれを変更することが可能です。

決算は遡って変更することはできませんが、申告については可能です。

 

 これを「更正の請求」といいます。

法定申告期限から5年以内までできます。言い方を変えますと今から5年前までの申告で過大な申告をしていた場合は正しい金額まで引き下げることを税務署に請求することで、その請求が認められますと、過大納付分の税金が還付されます。

 

 過去5年間に修正申告をした場合でも可能です。

税務調査があって修正申告をされた場合はその内容も含めて可能です。自己の意志で誤りを認めて修正されたのですから「不服申立」は矛盾になりますからできませんが、更正を請求することはできます。

 

 更正の請求をした結果、その請求に理由がないため認めないとの結果になった場合は、不服申し立ての道も開けます。

これ等は稀なケースですが、安易に妥協して修正申告された場合は今一度見直しをされる意味はあります。

 

 銀行の顔色を見るあまり利益を出すための過大申告→過大納税の場合は検討の余地があります。

物事をあいまいにしないで自分の主張をハッキリということが必要な時代になってきたと思います。

 

 言うべき時にしっかりと反論しないと後々たたることは戦後の隣国との関係を見ればわかります。

更正の請求をしてみられますと、踏ん切りがつくと思います。

 

これまでと同じところから一歩踏み出しましょう。

 

 

- | 12:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ