終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2018年もあとひと月、、現状の認識とこれからの見通しは

 大阪万博が決まり、その前の2020年東京オリンピックとあわせ、報道では明るいお話ばかりです。

しかし報道に影響されないで、しっかりと現状と先行きを考えてみることも意味のあることかもしれません。

 

キーワードは下の4つです。

 

1、すべてはビジネス(別の表現では商売:利潤追求)へ

2、供給過多で利潤は取れなくなって、生存競争は熾烈になる一方

3、硬直化した既得権システムに過大供給が大きな修正を迫ってくる

4、これまでの豊かな時代に肥大化したプライドと厳しい現実とのズレからギスギスしたタテ社会へ

 

要約

 国と巨大企業が一体となってリードしています。ビジネスのために、わが国を悪く言う国々(複数です)や終戦前後に日本人に対してヒドイことをした国(単数です)とも、ビジネスのため好い顔をして接触の努力をしています。

 

 大阪万博の誘致には26億円が使われたそうです。このお金はどこへ行ったのでしょうか。

昔と違って世界中に自分で行って自分の目で見ることができるのに「博覧会」は要るのでしょうか?

 

 ゴーン氏の事件に対するフランス政府の姿勢は私企業と完全に一体化してのものです。

経済のなかに政府が組み込まれています。

 

 電車の中では大学の広告が、時節柄とはいえ、目立ちます。学生の取り合い競争なのでしょう。

地方自治体からは私のもとへさえ「ふる里納税」のダイレクトメールが来ます。この費用も税金から支出しています。

 

この流れの中で方向を見失わないためにはどうしたら良いのか、についても少し触れたいと思います。

 

ポインとは下の4点ではないでしょうか。

 

ア:世間の流れと逆の道を進んでいるか

イ:浮かれた人たちと距離を取っているか

ウ:地道な訓練を孤独に続けているか

エ:マスコミの報道に依存しないで、自分のアタマで考え、カラダの芯でそれを確認した上での行動か

 

当たり前のことかもしれませんが同調圧力もあり、むつかしい点です。

 

 

- | 12:34 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ