終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2018年から19年への見通し・・・その2

 国や地方自治体と一体になっての巨大企業とマスコミのパワフルな動きはドンドン加速してゆくでしょう。

その反面、これ等の集団に加わっていない大部分の人たちは行き詰まり感とあきらめが広がってゆき、2極分化の様相がハッキリしてきます。

 

 パワフルな集団は組織としての話です。ここに属する個々人はパワフル集団とは別の存在です。

組織はパワフルでも個人は景気の外に置かれていますから、それほどお金回りはよくありません。

 

 TVのコマーシャルではリッチな日常生活が流れます。住宅のコマーシャルはどのメーカーの例も豪邸がモデルになっています。

普通のレベルでは手が届かないものがコマーシャルで溢れますから、我々は心のどこかで距離を感じます。棲む世界が違うのです。

 

 この点が象徴的なところです。あらゆるものがきらびやかですが、自分とは違う、と感じる人が多くなります。その数は増えてゆきます。

 ドンドンとあきらめムードが広がりますが、パワフル集団に属している人は、そこで仕事をしている間は、心はパワフルな組織の一員です。帰りの電車に乗るまでは、、

 

 パワフルな中にいると自己の姿が肥大化する、と思います。そこに勘違いが起こります。現実との乖離も大きくなります。

先日も夕刻の予定時間より早く到着したので、肥後橋の巨大ビルの中の、巨大企業系列のビアホールで夜景を見ながらひとりゆっくりとハーフ&ハーフでも飲もうとオーダーしました。

 担当のウエイトレスさんは、最初から最後にレジで支払するまで見事なくらい「客を客とも思わない」応対でした。ウエイターはこれまた慇懃無礼を絵に描いた態度でした。ホールのマネージャーは何をしてるんだろうと首をかしげます。

 

 外見はゴージャス、しかし中身は遅れています。パリやシアトルで一人で入ってもユーモアもあり応接は完璧でした。

案の定、というところです。巨大組織の一員の制服を着たとたん上からの目線になるのでしょう。

、、、

 この時はそのビアホールしかなかったので、巨大集団の属する店に入りましたが、私は平素から飲食は個人経営のお店か、せいぜい中小企業の運営するところにしか入りません。空気が違うのです。来年はもっとこの空気の違いは広がるように感じます。

 

 中小企業の立場で巨大企業と接点を持つ場合のストレスは高くなり限界まで行くでしょう。棲む世界が違うことから来る摩擦大きくなると思います。

TVコマーシャルは中小企業では縁がありませんが金融機関とのやり取りには注意が必要です。棲む世界が違う相手とやり取りしなければなりません。表面の言葉ではなく、行動を見ましょう。Said=Action<言行一致>ですか?

 

 そしてもう一つ、税金です。税務署や地方自治体の係官はよく訓練されていて非常にソフトです。それはそれとして中小企業や個人事業者が支払う税金は、違う世界への支払です。税金を払ったとたんあなたのお金は別の世界に行きます。そしてもう二度と戻ってきません(更正の請求という特別の手続きを踏まない限りは)。払う前によく理解して納得してから支払いましょう。あなたが払う税金についてキチンと説明してくれない税理士さんには「しっかり説明してよ!」と言いましょう。さもないと「もう二度と

、、(唄の文句と逆に)、お会いしません」の意思表示をしましょう。

 

 最近、税金の払い過ぎを返してもらう(更正の請求)お問い合わせが続いています。

- | 11:36 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ