終活と税金—シンプルライフへの税の活用 the Final Stage

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
里子、委託老人、養子、空家の譲渡・・・世の中の変化が税務に反映される

  非常に大きな変化が加速するため人的、物的な変化が私たちに影響を与えます。

 

 家族構成の変化がこれからはもっと生じてくると思われます。

時代が早く過ぎてゆくため、家族が成長し、再び新しい家族になる動きが早くなります。

 

 税務では、扶養親族の規定に里子と委託老人について「親族」ではないけれども親族に加えています。

所得税法の第2条に、児童福祉法によって里親に委託された児童について規定されています。先日も新聞で実子がいるのに5人の里子を育て上げたご夫婦の話が紹介されていました。自分の子供を育てるだけでも大変なこの時代に実子と何も差をつけることなく、みんな仲良く成長したと。頭が下がります。

 

 所得税法では合わせて老人福祉法にもとづいて老人の養護を受託してくれる方に扶養していただく場合にも規定でカバーされています。実際の例はどれだけあるのか不明です。

 

   養子については相続税法に養子と特別養子縁組に関して実子とみなす定めがあります。

 

 今後は上記のような例があてはまるケースが増えてくるかと思います。

税法ではキチンと手当てがされています。

 

 人の変化とともにモノの動きも加速してきます。空家の増加です。これからはもっともっと増えてゆくでしょう。

相続で実家を取得したが勤務などの事情で空家になったままのケースが増加しています。

 

 租税特別措置法35条3項にて、2016年4月1日〜2019年12月31日までの間に譲渡益から3000万円が控除されます。譲渡額が1億円を超える場合や相続税額を取得費に加算する特例を適用する場合は除かれます。

 

  上記は一例です。税法では救済される場合が細かく定められています。思い込みにとらわれないで専門家と相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

- | 18:32 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ