腰高時代の資金と税金 the Final Stage

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アンチエイジング税務6:調べた結果は究極の赤字でした、、

 質  問

 心配していた通り赤字でした。次に銀行借入金の返済表で確かめましたら、あと4年ぐらいで完済です。この4年間の返済が可能か、どういう銀行対応をすればいいでしょうか?

 

ヒ ン ト

 世間には、完済まで10年以上かかる借入金があるところが多い中、あなたの場合は残り4年ですから完済できるように智恵を絞りましょう。

 一気に返済することが一番いいのですが、特に売却できる資金や資産もないなか、不動産には抵当権が設定されていますから売却は無理ですから残る道は残り4年を走りきることしかありません。

 

 するべきことは

1、銀行と毎月の返済額を減少してもらう交渉をします。

月額返済額の減額を申し入れましょう。そして銀行さんの返事を待ちましょう。貸出条件の変更に当たりますから簡単にはゆきません。銀行は、担保の価値を見た上で、新規に貸出しを提案して、代わりに旧債である今の借入金の減額に応じてくれるかもしれません。新旧の二通りの借入金の返済になりますが、月額の返済額は下がります。一言で言いますと「返済の先延ばし」です。

 

2、下の「アドバイス」で触れますように「更正の請求」をされて相当額の過払い税金の還付が見込めるようですから、この還付金を見積もって繰上げ返済する道もあります。

 

付随してされることは、

 

1・諸支払を切りつめましょう。不要な保険契約は解約しましょう。絶対に解約してはならないのはお父さんを被保険者にして加入

 されている生命保険です。お父さんがお元気な時に加入された保険は、今後、加齢でにより、加入時以上にカラダは丈夫にならな

 いのですから解約すれば(お父さんが万一の場合)大きな財源を失うことになります。

 

2・利益を過大計上して税金を払い過ぎていたことになりますから、これからは赤字であるのなら赤字のまま申告して税金の支払が 

 ないようにしましょう。

  赤字申告をすれば銀行から資金を引上げられると怖れる人がいますが(お父さんがそうでした)、元金と利息を毎月キチン

 払っておられますので違約をされているのではありませんから、懸念されることは金利への影響だけでしょう。

 金利が少し上がるもしれませんがそれ以上に所得税(法人の場合、法人税)、事業税、住民税が大きく下がるほうがメリットがあ

 ります。(消費税は性格の違う税金で購買を増やした場合はともかく、一概に税額が下がるとは言い切れません)

 

3・お父さんとご相談されて事業のお手伝いをしてあげることが重要です。これからは規模が大きいところは苦境になります。縮小

 しながら利益が出るような方針が大事です。拡張主義の時代は過去のことです。

 

 アドバイス

 これまで利益もないのに利益が出たようにして申告されてきましたから、過払いの税金を5年前まで「更正の請求」をして返してもらうことができます。

 あなたは事業のお手伝いをしなくてはなりません。このような専門的なことは税理士さんに依頼されることを強くお勧めします。

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 10:48 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ