腰高時代の資金と税金 the Final Stage

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
これまでのまとめ 1

 要するに

 前提になる見かたは、次の通りです。

パイが小さくなりますから、小さいパイの取り合いになり、その結果、格差が拡がります。

・各産業分野の内、情報系や建設業は今のところ良いようですが、小売業は苦戦です。消費は今後も右肩下がりになるでしょう。

売上が縮小する傾向が加速して、利益率が落ち、分配に回らないのです。

・前世代からの資産のおかげで世間の資金は回っていますが、前世代の資産が尽きた時に本当の窮乏化時代が始まります。

 

 いまだに実態は赤字で、税金を支払う必要がないのに、少しだけ税金を払っておく、との古い観念が支配しています。これは我国特有の「空気」でしょうか。

 

 結局、赤字なのに黒字に見せて「人並」の申告で年々を過ぎてゆきますが、この姿勢からは、問題の解決がされないままになります。

 

将来へ持ち越されるのが次の問題です

・自分の実際の税金を払う力があるのかないのかワカラナイ

・払わなくても良い税金を払っておられる

・いつまでも借入金が減少しない

・金利が上昇し始めたら一気に落ち込む

 

 アドバイス

 

 冬の時代が来ますから、身の回りを見直して、貧乏にならないように賢い選択をしなければなりません。

国の景気が悪くなっても、自分の才覚で窮乏化から逃れることはできます。

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 09:36 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ