新技術がもたらす税務と会計の大変化 AI・RPAの先にあるもの

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
問:在庫の断捨離をする手順を教えて下さい

ヒント:在庫は目に見えて手で触れて数を数えることができます。この言葉にすべてのヒントがあります。

 

説明:決算書の貸借対照表の在庫には勘定科目で製品、商品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵品などが掲記されています。この分類は製造業の場合です。非製造業の場合は「商品」が在庫であると考えても問題ありません。

 

手順を述べます。

 貸借対照表の商品勘定の金額がが幾らであるかは一旦脇に置いて下さい。そして在庫品がある場所に行き、ご自分の手で「一定の日」の在庫商品に触れて数量を確認します。一定の日は月末が良いでしょう。決算末が月末でも月次決算を〆日である20日でされている場合は20日を「一定の日」とします。

 

 一定の日に、商品ごとの数量を把握します。小規模でない場合は数人で確認しなければなりません。二つ折りの付箋を貼ってゆくことも方法です。半分を切り離して個数を集計します。

 

 一定の日に委託倉庫会社からレポートがくる場合は実際の数量と照合できます。コンピュータで売上・仕入と連動しているシステムではアウトプットから在庫データが出力されます。このデータは仕入=在庫増と捉え、売上=在庫減と取られて前月繰越額に増減した結果です。

 

 これは実際在庫とは異なります。なぜかといいますと出入荷の数量間違いや盗難(横流しを含む)で数が減ることがあります。その上「陳腐化」といって正常品で販売できないほど劣化したものが出てきます。そのほか減耗してゆく性質のものもあります。

 

 ですから計算上の増減と実際にある在庫とは乖離があります。手で触れて数を確認することで「乖離」の実際を確かめることができます。在庫は計算上の増減結果より増えることはありません。陳腐化や減耗などの自然減と人間の手による盗難などで減少するのです。

 

 こうして確認した数量に仕入単価を乗じます。この答えの総計が棚卸資産の決算書表示額です。

乖離の分が決算書の表示額に反映されているのかがポイントです。

 

 この減少が大きくなっているのにコンピュータの算出した金額で貸借対照表に計上することを何年もしていますとここに大きな「名目利益」が発生します。そして生き血を抜かれます。

 

 実際に棚卸商品に当たって調べることを実地棚卸と言いますが、これさえしていない会社が中小企業には多いのです。決算書の在庫数字は会計事務所が出した数字のままの場合が多いです。会計事務所が倉庫に入ることは少ないのが私の見聞きした実情です。

 

 在庫の断捨離は以下を確認することです。

・実際の数量を把握すること

・商品の状態に応じた単価で評価額を算定すること

・あるべき数に足りない商品の後付け調査をして乖離の生じた原因を掴むこと

 

 その結果、貸借対照表の計上額を正しい金額に改めることで在庫勘定の断捨離が完了します。

不良商品はその理由を税務調査の際に説明できる資料を残して大ナタを振るって断捨離されることが必要です。

 

<次回予告>

 その他の勘定科目についてみてゆきます。とくに仮払金、前渡金、立替金などの雑勘定によろしくないものがゴミのように溜っている場合があります。

- | 08:28 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ