数字が語る事業の潮時、変わり時 - AI・RPAの先にあるもの

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
投資や繰延資産勘定の整理の際に気を付けることは何ですか?

ヒント:投資勘定の典型は投資有価証券です。投資は実際の時価と貸借対照表への記載金額に開差があるのが特徴です。このため常に時価を見ておかないと誤った整理をしかねません。繰延資産は「支出したことが後の事業年度にも効果が及ぶ」性格のもののため暫くは貸借対照表に計上を許されているものです。このため貸借対照表に計上されていてもキャッシュを生むパワーはありませんから、できればあっさりと費用に振替えて断捨離してしまうのが好ましいのです。

 

説明:最初に説明が必要なのは「有価証券」についてです。貸借対照表には「有価証券」が記載される場所は2か所あります。一つは「流動資産の部」で、その他は「固定資産」の中の「投資その他の資産」(以下、投資とします)のところです。

 

この二つの掲記されるところが異なるのは性格が違うからです流動資産に計上されるのは、常に売買する目的で保有する株式や1年以内に満期になる社債などです。トレーデイングを常時する部門がある会社を想定していますから中小企業ではごく少ないです。期末には時価を記載します

 

「投資」に記載される有価証券は法人税法の定めで取得価額で記載されています。実際の時価と開差が出るのがこの「投資」勘定にある株式などです。この中には市場価格があるもののほか市場価格がない株式なども含まれています。

 

したがって義理で出資した中小会社の株式や義理で応じた少人数私募債などもあります。株主ですから決算書を入手(または謄写)することはできますから決算書を見て評価を変更することが必要です。あくまでも断捨離のためですから一々評価替えする必要はありません。(評価損益を計上することは税法では原則できません)。たまには内容が良い会社に成長していて大きな価格になるものもあります。いずれにしろ時価の把握は必須です。

 

ここで大事なことは自然に膨れ上がったこの「投資」科目の中で、実際に機能していないものを分類して整理することです。

投資」には、投資有価証券、子会社株式、長期前払費用、生命保険掛金、出資金、保証金、ゴルフ会員権などが取得価額で計上されています。

 

これらが機能しているかいないかを区分するには、キャッシュが生まれるのか否か、で見るとよいでしょう。つぶれそうなゴルフ場の会員権は整理されるものです(但し売却しないと損金には計上できませんので「ないもの」として見ることです)。

 

また取引していない信用金庫への出資金も整理対象です。

 

<次回予告>

負債の部も見てゆきます。粉飾の典型は「資産の過大計上と「負債の過少計上」ですが、逆粉飾(早く言えば脱税)の場合は逆に「資産の過少計上」と「負債の過大計上」です。そのほか「隠れ負債」にも注意が必要です。

- | 08:55 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ