新技術がもたらす税務と会計の大変化 AI・RPAの先にあるもの

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
問題解決の道 4項目・・・1

コロナでわが国は大変な状況になってきました。医療現場のかたがたの立派な対応だけでなく、短期間に法令の手当をされ給付金など資金の支援体制を整えられた立法・行政担当者のかたたちはじめ地方自治体の力量もなかなかのものです。人々は政府の方針に従い、コロナも少し下火の傾向が見えるようになりました。

 

これからの企業は中小だけではなく巨大企業も含めて困難に直面します。航空会社や鉄道会社は極端な利用率の低下で資金の融通を求めていると報道されていますが、報道されない中小企業は大変な数になります。

 

過度な商業主義(金儲け至上主義)に社会も政治も追随してきたツケが回ってきます。利益よりも大事なものが置き去りにされてきました。

 

個人個人も収入面の減少や生身の人間の持つ感情や健康にも影響が出てきます。これまでの比較的恵まれた時期は、これからはないものと思い切ることで次の対応が早くなるのではないでしょうか。

 

事業も資産の維持もこれまでとは違った対処の方法を取る必要があります。他人を頼るだけではいつまでも続きません。自己の全力で立場を守ることが必要です。

 

少しコロナのことから外れますが、どんなことでも問題解決の道筋は以下の4項目と二つの注意点になると思います。誰でも考えることですが、今大事なことは、的を外さないことと、速さが大事であること、途中で選択を誤ったことを知ったら、ためらいなく直ぐに変更することです。

 

 1・確かな情報を得る(風聞に惑わされない)

 2・核心の問題点を見付け、すべての資源を投入する(大勢に影響がない問題は無視する)

 3・障害が次々に生じてきた場合には、融通無碍(流動化)を断行する(できることは何でもする)

 4・限りある資源・時間を最大限に核心の問題点に集中する(的を外さない)

 

注意1 勢い第一:時間の推移とともに対応すべき目標が次々現れてきますから、初めの段階からピークまで一気に突っ走ることです。そうすれば余裕はその後に出てくるでしょう。

 

注意2 禁じ手:折衷案や資源と時間の逐次投入をしないこと。成果はゼロか100しかない。何割はうまくいったというヌルイ評価をしない。

 

<次回予告>

上記の「4項目プラス二つの注意」を現在のコロナへの対応と戦史の事例を対比させながら解説します。コロナ対応についてはTVやネットはじめYouTubeをみても批判的な論調が目立ちますが、私は肯定的に思っています。但しこの稿の目的は問題解決とくにこれからの不況のもとでの財務と税務の問題解決のためですので部分的には批判の論調も出るかもしれません。

 

 

- | 08:22 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ