…不況がくる…会計を実生活に生かす —家計・事業・相続—

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
完結したシリーズは当所のHPでまとめてご覧いただけます。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Q:月末在庫の金額が不明な月次決算書がなぜ役に立たないのですか

A:月末在庫金額が不明である決算書は、期首の在庫金額のまま進んでゆきます。

どういうことかを例で説明しますね。

 

A薬局 年度開始 6月1日 6月末に月次決算をしようとしています。夏が近づき防虫スプレーや蚊取線香、風邪薬などを6月には大量に仕入れました。夏が終わる9月末までの商品を一気に購入したのです。ですから6月の売上高より仕入れの額の方が多くなりました。

 

 期首(6/1)在庫額 100

 X月、6月末在庫額・・不明のため 100のまま

 期首から6月末までの 売上高 1000

 期首から6月末までの 仕入高 1600

 

 上記の例で売上原価と粗利益額を計算します。しかし6月末には在庫調べができていませんから6月末の棚卸高は不明です。もし分かれば期首在庫よりかなり多くなるはずですが、分かりません。仕方なく期首と同じ100を使用せざるを得ません。

 

 売上原価=期首在庫+当月仕入高−月末在庫高ですから100+1600−100=1600になります。

粗利益=売上高ー売上原価ですから1000−1600=△600 (△はマイナスの意味です)1600で仕入れたものを1000で売っていることになります。

 

 仕入れた金額を下回る販売額などあり得ません。粗利益でマイナスですから、その先の販売費一般管理費(仮に300とします)を指し引けば△900の大赤字です。正しい損益は計上できません。それゆえ損益計算を基礎にする法人税や所得税の予測にも使えません。この月次決算書は使えないのです。 

 

 かろうじて消費税の負担額を算定する時には使えます。すべて課税売上、課税仕入としますと、1000−1600-300=900の10%が還付される消費税と予測することは可能です。消費税は在庫の数字は関係しませんから。

 

 また売上、仕入れ、販売費一般管理費の現金での入金、出金や売掛金、買掛金の出入りは貸借対照表の現預金、売掛金、買掛金勘定に反映しますからそれらの科目でのキャッシュフロー計算の半分だけは可能です。しかし在庫数字が不明ですからキャッシュの増減の分析・把握はできません。

 

以上でご理解いただけたかと思います。

 

<次回予告>

事業の生命力を見たり、見切り時を考えるために、固定資産や投資勘定の中味に入ります。

 

 

- | 08:50 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ