しなやかな会社づくり - 企業家と経理 - Firm Company

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
危機管理 社長が作る処方箋・・年代間ギャップとレジスタンス供  粉躓ヾ浜:中小企業経営)

 せっかく会社内をまとめようとしても社内でレジスタンスがあれば何事も進みません。

レジスタンスのもとは世代間のギャップのほか、中小企業で必ずあるのが創業家の家系の人と、他人との越えがたい壁です。

 

 これら二つの壁が立ちはだかります。いずれも表面には出ませんが根深いものです。後者の創業家家系に連なるかそうでないかということは、実は年代間のギャップに関係すると、考えます。

 

 前回のキーワードの中から「リーダーシップ」「フィードバック」「チームプレイ」「能力」「インセンテイブ」などを拾ってゆきますと、新しい世代は創業家家系であるとか、ないとかはあまり気にしないようです。

 

 能力とコミュニケーション力があって、フィードバックを適切にすることでリードしてゆけるような傾向を読み取れます。そこへ経済的待遇を適切にするとこです。給与に能力の差だけが反映することがポイントと思います。

 

 古い伝統的世代は階級と経験年数が支配の源泉でした。能力やコミュニケーション力がなくても、創業家の家系であれば経営者、管理者が務まりました。みながそれに従う気風の時代だったかもしれません。

 

 これが重要度の順番が変わってきました。能力があればレジスタンスなどの問題は生じない傾向です。その意味でも世代間ギャップの認識をされることは非常に重要ではないかと思います。

- | 09:00 | pookmark
危機管理 社長が作る処方箋・年代間ギャップとレジスタンス  (危機管理:中小企業経営)

 危機を招かないためには常にこのままではよくないと意識して、弱い部分から補強、補修することが大事です。そのためのチームを作って準備してもどうしても壁にぶつかります。

 

 その最大の壁は年代間ギャップです

この違いを知らないで進めますとレジスタンスに遭います。注意しなければなりません。

 

一般的には下のように区分されます。

(伝統主義者:1945年以前生まれ)のキーワード

組織への忠誠心、ノートやメモを取る、現金払いが最高、職務に殉じる、階級がリーダーシップの源泉、経験至上主義、女性は家庭に、終身雇用、長時間労働、フィードバック不要、便りがないのが無事な知らせ

 

(ベビーブーマー:1946〜1962年生まれ)のキーワード

ハードワーク、家庭は二の次でも仕事と家庭のバランスは必要、支払いはなるべく遅く、権威に対し好きか嫌いかが明確、命令より合意、チームプレイ、インセンテイブやボーナスによる動機づけ、技術を持つ女性は組織内に、年一回くらいはフィードバックがあっても良い、ワークホリックであるが楽観的

 

(X世代:1963〜1980年生まれ)のキーワード

懐疑的、メカに頼る、独立、貯蓄と投資、バランス第一、能力がないとリードできない、自己保身、挑戦には二の足、フィードバックを好むが、自分がそれを必要とする時のみにしてほしい、男女の差なく機会均等、9時〜5時間のみ仕事する、創造的

 

Y世代:1980〜2000年までの生まれ)のキーワード

変化で困難を避ける、仕事を楽しむ、現実主義で非伝統的、使うために稼ぐ、排他的ではない、コミュニケ―ションはPCなどのテクノロジーで、ルールでの強制は最小限、男女の差が全くないのが当たり前、仕事時間に規準はない、フィードバックは早くしばしばしてほしい

 

 

- | 09:00 | pookmark
危機管理 社長が自社の処方箋を作れるには     (危機管理:中小企業経営)

 社長が自社の最高の主治医であることは前に述べましたが、そうあるためには社内での協調が必須です。社長が(孤立して)一人頑張ったところで大したことは出来ません。

 

 内心の気持ちを隠して面従腹背で毎日勤めているけれど、実は本心は社長に協調していない場合は意外に多いものです。社長だけが気ずかないだけかもしれません。

 

 今日のように労働環境が悪い上に、収益力も低下しがちな場合は相手の顔の後ろにある本心が分かることが必要です。そのうえで、社長の姿勢を伝えリードすることをしないと社長は孤立しがちです。

 

この場合、話合いに際しては次のことが重要です。

・言いたいことの80%に抑える。

・妹や娘さんに話すようにやさしく話す

・高尚な表現は伝わりにくいので避ける。

・社長はその事業のプロですが、相手の地位や経験によっては、専門用語はワカリニクイ場合があります。避けましょう。

長いセンテンスは聞くほうが苦痛なので、短くシンプルに話しましょう。

・逆にあいまいな言い方も伝わりません。日本語はその点でハンデキャップがあります。キツくならないようにハッキリ伝えます。

言葉での説明を補足するため画、イラスト、数字DATA、グラフを準備しましょう。

・「たとえ話」も有効です。

 

 このようにして、まず一人、社長の会社改革の気持ちが分かる人を作り、その次は、違う部署に同じような人材を求めます。更に別の部署で理解者を育てます。網を張るように点から面へ広げます。

 

このように3方から会社の全体に浸透させ、その次に何度も話し合い、深さを加えてゆきます。

- | 15:05 | pookmark
危機管理     防災の日             (危機管理:本筋の話)

 今日は防災の日です。色々な関連記事を読みました。これらから数字を使ってまとめてみました。予測記事からです。

 

 東海・東南海・南海地震が起こった場合の話です。大阪の大正橋のたもとに江戸時代の地震で起こった津波の被害を記した石碑があります。後の世代は同じ災難を防ぐため、石碑に墨を入れて忘れないように、との戒めがあり、地元の保存会の方々がそのことを継続されています。

 

 この時(江戸時代)、初めの地震の翌々日にさらに大きな地震が来て、最初の地震で地面が揺れて不安なので、船に避難していた人たちが大勢犠牲になられたとのことです。この2回目の地震こそ東南海に次ぐ南海地震にと例えられています。

 

 2連発、3連発がある可能性が高いようです。マグニチュードで揺れは1分以上とのことです。

和歌山の勝浦に7メートルの津波が10分後に来ると(予測)されています。以下、予測です。淡路島には5メートルのが50分後に来ますと書かれています。3時間後には大阪の川が逆流し始める。電気は止まる。400ある大阪の水門は閉まらないと予測されます。

 

 帰宅困難者が23万人出ると。震度6で昭和46年以前の建物は75%が倒壊し、昭和56年以前の家も50%は倒壊する。重なる地震では救援物資は8か月来ない。電話は240回かけてやっとかかる確率。171番NTTで伝言ダイヤルを利用する。公衆電話は10円は要らない。円になるようです。

 

以上期は科学的な根拠に基づく予測です。準備と用心が必要です。

- | 09:00 | pookmark
危機管理  空家を所有するリスク            (危機管理:税務リスク)

 空き家対策特別措置法という法律で特定空き家に該当しますと持ち主の費用負担で修繕または撤去命令が出されます。土地に対する固定資産税の優遇措置の特例も外されますから、土地の固定資産税は4倍くらいになると言われています。

 

 「特定空き家」とは

・建物が傾いて倒壊の恐れがある。

・門や塀も倒壊の恐れがある。

・汚水が浄化槽から流出する恐れがある。

・ゴミ屋敷になる。

・不法侵入されやすい。

などで、要するに人が住んで居れば防げたことばかりです。

 

気をつけなければならないことは、相続で引き継がれたまま勤務などの関係で、その家に住めない事情から空家になる場合です。

 

税制の措置

一定の条件に当てはまりますと、譲渡益から3000万円が控除されることになりました。平成31年12月末までの譲渡に限られます。

「条件」の期間制限にもご注意ください

 

条件

昭和53年5月31日以前に建築された家屋(相続後に貸付けたりしていないこと)で、相続で取得され、相続直前に亡くなられた 

 方(被相続人といいます)以外に住む人がなかった家屋であること。

・その場合は敷地に対しても3000万円控除は使えます。

・譲渡時までに耐震性の工事がされていること。

相続から3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡に限られます。

 

 

「特定空き家」になるまでに、処分をするかを決めることが重要と思います。

- | 09:00 | pookmark
危機管理     次のステージとは、、     (危機管理:中小企業経営)

 決算が終わってそのままにしておかないで、問題点の洗いだしが必要とは述べました。でも現実には、日々のお仕事がありますのでなかなか行動のレべルで問題の洗い出しにまで行かない場合が多いです。

 

 会計事務所など、第3者が後を押すなりしてくれますと、少し状況が違ってきます。これがうまくゆくためには会計事務所と共通の言葉があれば、更に話が速いです。合言葉のようなもので、顔を合わせれば、お互いがすぐその話に入れることが重要です。

 

 そのコツは、次のようなことではないかと考えます。

1、明るい未来の合言葉であること。仮に貴社が赤字でも、それを少しずつ良くして行くことは明るい話になります。

2、過去のことにこだわらない。あの時がどうであったとか、誰が悪かったとか、非難ばかりで前向きの話ができない人もおられます。気分を変えましょう。

3、切迫していないこと。手形が決済できないなどの状況になりましたら、会計事務所の仕事ではなくなります。法律事務所のお世話にならなくてはなりません。こうならないように、数字を見ることが必要なのです。

4、御用聞きスタイルの会計事務所や、担当者は順応してくれますから、気持ちは良いかもしれませんが、リードしてくれる強さは必要でしょう。相手をよく見ることです。

 

このようにして数字を基に地図を作るのです。急によくなる時代ではありませんから、焦りは禁物です。

 

 それと、居心地が良いところから出なければなりません。赤い灯、青い灯、グルメ、高級車、いい仲間、などは癒しの効果がありますから悪くはないのですが、いつまでもそこに居て、ジャンプして、打って出ることの障害にならないようにしましょう。

- | 09:00 | pookmark
危機管理  一文字で大違い・・「資本金」と「資本金等の額」      (危機管理:税務リスク)

 普通世間では資本金といいますね。資本金等の額とはだれも言いません。しかし税務の世界では全く違いますので、この世界では気をつけます。

 この区分は詳しく説明しますときりがないくらい細かい規定です。払い込まれた資本金に資本準備金、その他資本剰余金を加えた金額に「近い」ものが「資本金等の額」です。正確には一致しません。

 

 簡単に言い切りますと出資額とその修正(資本準備金、その他資本剰余金など)を増減したものが資本金等になります。利益のたまりである利益剰余金は含みません。これらを一緒にすることを会計も税務も戒めています。

 

この違いが法人税で現れてくるのは以下の項目ですから、これらの名前を見られた場合は注意されると良いでしょう。

・寄付金の損金算入限度額

・自己株式取引

・留保金課税

・法人住民税の均等割

 

法人事業税の外形標準課税も「資本金等の額」が関係します。

 

 

 

- | 09:00 | pookmark
危機管理  公正証書で土地を贈与しようと思う。登記は先のことだ。  (危機管理:税務リスク)

 またまた同窓会での話です。表記のことを考えておられるそうです。この考えはどうですか?公正証書にしてあるから権利関係はハッキリしているし、と聞かれました。

 

答えはNOです。

 

 このようなことは昔にあったかもしれません。この狙いは少し良くなく、登記をしないでおけば贈与した事実を税務署に知られないで済ませることができる。いずれ登記もするかもしれないが、その時は時効(正しくは除斥期間といいます。時効のように中断がありません)で税金を取れんやろ、という腹です。

 

 こんなことが通れば誰でもしますよ、と釘をさすアドバイスをして、その都度登記することを話しました。

すでに平成10年に高裁で判決が出ていますので、現実はこのようなことは誰もしません。登記を備えなければ権利も保護されませ

 

 注意することは、仮に平成20年に土地を公正証書で贈与して30年に登記するとします。除斥期間は5年ですから25年には安全圏に入ったと考えるわけですが、そうはいきません。

 

 判決では平成30年に贈与したとされました。注意しなければなりません。

- | 09:00 | pookmark
息抜きしましょう         (番外:よもやま話)

兄丸出羽守(以下 兄丸):アニキこんにちわ。ひと月ぶりですねー、元気ですか?よく焼けて貼りますね。

木村(以下 キ):ハイ元気ョ。先月はゴルフに行ってきたし、先週は海へ泳ぎに行った。おかげさまで睡眠充分で仕事も前倒しでさせてもらってます。

 

兄丸:ところで先日TVで見ましたが、サンフランシスコでは野菜や果物は、消費者が農家に直接注文して買うようですね。

キ:ファーマーズマーケットのことやね。新しい流れかもしれんね。キーワードは有機農法(オーガニック)やろ。

サンフランシスコだけではなくてシアトルでは消費者が農場へ出向いて栽培方法をチェックしてから野菜を買うらしい。牛の飼料を良く確かめて肉を買う、レストランのシエフも同じように確かめてから仕入れるようやね。

 

兄丸:そういえばこのころ街では個人経営のパン屋さんが増えましたね。

キ:20世紀型の大工場での大量生産でTVコマーシャルするところより製造過程が見えるところへ人気が移ってきたのかもしれないし、農薬の問題もあるのかもしれん。ファストフード店や、格安スーパー、ファミレス、大型スーパー、居酒屋チェーンなどは少しずつ影響が出るのかもしれないよ。逆に、良いものを置いてるワインショップや個人のお蕎麦屋さん、ケーキ屋さんがよくなるのかも。フェイスブックなどでうわさがすぐ広がるからね。

 

兄:ビールも地ビールを応援する話が多いようですよ。

キ:みんな情報が多くなって、賢くなってきたのやね。この影響で野菜や果物の流通経路も影響が出てきてるらしい。そういえば牛乳も産地直送が増えているみたい。

 

兄:消費者と産地が直結ですか。

キ:アメリカみたいになるのは先やろ、日本は。結構保守的やからな。

 

兄:変化が速い時代ですね。

 

 

 

- | 09:00 | pookmark
危機管理       毎年100万円を娘さんに贈与している場合のリスク  (危機管理:税務リスク)

 先日同窓会があり友人に表記のことを聞かれました。毎年贈与税の基礎控除である110万円以内であるから、自分のしていることは問題はないね、と。娘さんも、これからも毎年100万円を贈与されるので喜んでくれていると。

 

 いいえ問題はあります。結論から言いますと税務署に「定期金の贈与」と認定されることです。

どういうことかといいますと、

  仮に2010年に、毎年100万円を10年間贈与する約束をしたとします。この約束は定期金給付契約になり初年度に贈与税が課されます。

 

 対策は定期金にならないために贈与の金額に変化をつけ、贈与時期も不定期にすることが必要です。キーワードは「連年贈与」です。これに当たらないように、ある年贈与をしないことも必要です。

- | 09:00 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ