腰高時代の資金と税金 the Final Stage

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
Profile
税務会計 フォアユー パートナーズは、仕事の質で貢献する税の専門家集団です。日本経済がどうであろうと、関与先各社は利益を生み続ける、そんな集団でありたいと日々関与先サービスに努めております。

サービス案内等、詳しくは当所のHPをご覧ください。
Previous
『会計力』が事業を育てる ─会計土木®の現場から─
経営の要点を数字の観点から読み解くブログ。完結しましたので当所のHPに移設しました。
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Q:現状では資金に欠乏はありませんが、先行きに備え手を打っておきたいです。どのような順序で考えれば良いのでしょうか
ヒ ン ト

まず現状を見てからその少し先をどうするかシナリオを作りましょう。

まわりから影響されないためには、シナリオが必要です。これがあればブレることは少ないです。

 

手 順

1、今ある資金をスタートにして今後資金が増えるのか減るのかの予測をします。税理士さんに予測の検証をしてもらうのが良いでしょう。

2、この時に貴社の最大資金力を知ることが重要です。この予測はあなたがしなくてはなりません。売上の実情を知る者しかできません。

3、数年先に資金が増えているのか下っているのかの見極めが重要です。自分で計算した後、希望的観測によって勘違いがないか第3者である税理士さんに意見を聞きましょう。

 

4、この時に税金が幾らになるかによって資金収支は大きく変わります。専門家の確かな計算をしてもらいます。税金の種類は所得税化法人税に加えて消費税です。

 

5、また設備投資に必要な年が何年先にあるのかも読みましょう。

6、以上の結果、資金が増加してゆくなら今のまま進まれてよいと思います。逆に資金が減少する場合はどの時期に資金が底をつくのか知ることが重要です。

 

7、資金が減少することは欠損金が増加することです。欠損金は先々の税金の計算では利益から控除できます。この点の認識は重要です。

8、含み損のある資産があれば処分することも必要です。

9、不採算部門を会社分割によって切り離す手術も必要になるかもしれません。

10、支援機関である税理士さんなどの協力で事業計画を作成することで金融機関から有利に扱われる場合があります。

 

目の前だけしか見ないのでは経営はアブナイです。先行きまで見ましょう。

 

ことばの意味

最大資金力:事業の売上から回収できる資金に経営者が投入できる自己資金(追加資本)を加えた勝負マネーです。

含み損:実際は価値がないのに資産に計上されているものに含まれ、表面に出ない損失を指します。中古市場で値段が付かない自動車が決算書で500万円である場合、この500万円が含み損です。自動車を手放すと500万円の損失が表面化します。ここをしっかり把握しないと本当の資金力は見えません。

会社分割:吸収分割と新設分割があります。損益を経理に出さないで移動できる税制適格になるには支配関係がある相手への引継ぎか、共同事業をする場合しか該当しません。

支援機関:経産局に登録している士業が事業計画などの助言をします。

- | 18:59 | pookmark
資金が最高の指標なら、税金はどうなのか、、

・資金と正反対が税金

 税金は資金の反対側の存在です。事業や家計での資金を侵害して資金の量を減らす働きをします。

別の言い方ですと資金を喰う存在です。税金が多いか、少ないかで手許の資金量は大きく増減します。

 

 いわば総額としての資金が幾ら多くても、税金を差し引いたあとの手取り額は当然のことながら少なくなります。

お給料の支給総額と税金を控除した後の手取りが異なることは皆さんご体験のことですし、預金を遺産相続して一旦は喜んでも相続税を収めたら残る預金額は減少しています。

 

 同じように不動産を売却されても譲渡の税金を支払いますと売却額の80%しか残りません(但し所有期間5年超のものの場合です。20%が税金です)。上場株式を売った場合でも同様で80%しか手許に残りません。

 

・名目と実質

 このように総額で(別の表現をしますと名目です)幾らであるとかは実際ではありません。税金を控除した残りが「実質」です。

また総額から控除するタイプの所得税や法人税などと違って、アタマから引かれるトップオフ型の税金があります。

 

・消費税も資金に関係します

 1000円の食事をしてレジで「野口英世」先生1枚出して店を出ようとしたら「お客さん80円足りません」とお姐さんから待った!をかけられます。「メニューに初めから税込みで書いておいてくれョ」と内心思います。

 

 この場合、現金が「名目」で1000円減少するのではなく「実質」で1080円減ってゆきます。食事代の千円ではなく1億円の支払なら800万円の資金減少になります。

 

 このように税金を含めて資金を見なければ本当の資金の状態が見えないのです。

 

・税金の定め

 ところで税金に負担について定めたのが税法という法律です。単に「税法」という名の法律はなく所得税法、法人税法、相続税法、消費税法などの名前があり、これら各税法に共通する定めをする国税通則法があります。また徴税に関しては「国税徴収法」という立派な法律があります。

 地方税は「地方税法」1本です。国税通則法や国税徴収法に相当する部分は地方税法の中の「総則」に定められています。

 

・ブレの少ない税法

 税法の特徴はブレが少ないことです。行政の法の一つですから解釈や学説によって結論が変わる部分は少ないと思います。解釈次第で税金の負担が変わるのでは納税者は困ります。

 

 通達という注釈が整備されていますから、これを参考にすれば誤りは少なくなります。裁判沙汰もありますが稀なケースが多いと考えても差支えありません。この結果、資金を減少させる税金は測定しやすくなっています

 

 「実質・実際の資金」を計るには、このような税法で決められる税金を資金の反対側に位置付けることでワカリヤスク予見しやすくなるのです。 

- | 09:44 | pookmark
資金と税金に焦点を当てるのは何故なのか、、

 新しい表題の「腰高時代の資金と税金」の「腰高」については前回に触れました。では後半部分の「資金と税金」になぜ焦点を当てるのかですが、これらこそ具体的で事実を示す指標になるからです。

 

・資金と損益の公表の重さの違い

 「資金」の反対側にある言葉は「損益」です。この損益ほどアテにならないものはありません。会計基準では真実性の原則という表現で真実と表現されていますがこの真実とは「相対的な真実」です。つまり周りの状況次第では前後左右に動くものなのです。

 

 また損益を自分の眼で見た人はこの世にはいません。抽象的で見えないものなのです。したがって粉飾や逆粉飾(実際より利益を少なく表示する)の可能性は常にあります。

 

 対して資金は真逆です。アルか、ないか、しかありません。相対的な真実というものではなく、絶対です。無い資金をあるように公表したり口に出すことは「嘘」を言うことです。損益の表示がぶれた場合は言い訳ができますが資金の存在は言い訳ができません。

 

 この言い訳ができないことが大事なのです。

 

・損益と統計を較べたら

 損益に近いものに今話題の「統計」があります。統計法という昭和22年に施行され平成19年に全面改正された法律を読みますと、結局は行政機関の内部で統計の母集団を選び、統計調査員に外注します。確かに同法13条や15条で報告を求めたり、立ち入り検査ができるようになっています。

 

 しかし行政機関内部での検査ですから調べる方と調べられる方が同じ組織内ですから「猫に鰹節の番」をさせるに等しい検査でしかないかもしれません。大数法則という原理があるものの母集団の取り方次第では微妙に動くことは考えられます。

 

 資金があるか、ないかが「絶対」で、しかも資金に関する「事実は一つ」ですから、事実でない金額を言うことはであるのと比べたら、統計はユルイといえます。

 

 混沌の時代には絶対的な事実の化身である資金こそが指標として有用と考えます。

- | 10:50 | pookmark
今月から表題が変わりました

 これまでは「終活と税金・・・シンプルライフへの税の活用」という表題で、税法に定められた諸制度の中でこれまで働いてこられたかたにとって、事業や資産の手仕舞いの仕方にともなう判断基準や、支払われた税金の見直しと、過払いならそれを取り戻す方法や借入金への対処方法についてご説明してきました。

 

 縮小化してゆくわが国の経済のもとで赤字や借金を抱えて逃げ遅れることにならないように、先に手を打たれることのお役に立つことが狙いでした。

 

これからのシリーズで事業の再編が加速して、どんどん淘汰の流れが速くなるという認識の下で

・会社や事業を再編成または組織を変える

・併せて借入金を減らしてゆく

という行動に役立つ内容を考えています。

 

もっと簡単にまとめますと

・小規模化して長く維持できる事業体にするか

・再編成と消滅の動きから現在の事業の枠を取り外して事業の組替えを計るか

の判断が必要になると思います。

要するに継続するか、停止するかの二者択一の判断が求められるときに有用な内容でありたいと思います。

 

この時に、いつも視野に入れる必要があるのは以下です。

我が事業の本当の姿を知り

・具体的にどのような方法があるのか

・それらの方法の有利不利の判別

・税法の規定はどのように備わっているのか

・税務当局はどのように動くのか

 

 世界の流れ、わが国経済の変化の方向、税制の対応、金融の動きについても大局を見つつ情報を選択しながら、判断してゆかれるときに少しでもお役に立てればと思います。

 

 「腰高時代の、、」とはオリンピックや万博などとマスコミをはじめ世間は浮かれた空気(腰高)すが、実際のキャッシュの収支はどうなのでしょうか。どんどん貧しくなってきています。

 

 そのための備えどころか、逆に浪費が美徳のような様相です。しかし見えないところで地道な努力の繰り返しをしながら自力で冬から脱出して春を切り開く動きをする人たちこそがこれからの勝ち組になると考えます。

 

  会社制度も金融機関も、税法も民法も、世相も様変わりする中でこそ「資金と税金」の知識が曲がり角で生きてくると思います。

 

 

- | 15:20 | pookmark
これまでのまとめ 4  整理→考える→行動→整理のサイクルへ

  ヒ ン ト

 身辺の整理が大事です。

事業をされておられるなら、同じように事業の整理から始めましょう。

 

 整理すればするほど混乱が静まり、することが見えてきます。

とくに朝方には感(カン)が良くなります。

 

 「朝は夜より賢い」の例えは本当と思います。

このひらめきが重要な指針のもとです。

 

 そして行動です。行動してこそ実際の問題が直ってゆきます。

不要なゴミのようなモノ、人間関係、慣習にとらわれていては身軽になりません。

 

 このようにして足を引っ張るものが消滅してゆくと、面白い視界が開けてきます。

道具である会計や税法も、視界が開けてこそ使うところが見えます。

 

 遺言書や成年後見についても「整理」が終われば、何から始めるのが良いか見てくると思います。

専門家を利用される時にも、「整理」された状態が望ましいです。

 

 アドバイス

 お手許のPCやスマホのデータ(メール、ショートメール)や写真、アドレス帳などもこの際、整理しましょう。見られて誤解が生じるデータや映像に注意しましょう。見返されたら随分の量が蓄積されているかもしれません。

 

またパスワード、ID、暗証番号などを秘匿したままでは、後々、相続人などに迷惑をかけます。気づきにくい点ですね。

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 09:42 | pookmark
これまでのまとめ 3   マイナスの面を大切に、、

 ヒ ン ト

 マイナスの面とは次のようなものです。

 

・欠損金、不良債権、不良在庫品、不良資産、不良得意先

・問題のある親族関係、相続の際に出てくる争いのタネ

・払い過ぎた税金

 

考えようによっては、これ等のマイナスのタネは、良い状態へ脱皮するチャンスを示してくれているかもしれません。

 

ここを直視しないでやり過ごすと、これからの時代に追い込まれてゆきます。

 

とくに表面的には何もないようでも「隠れている」ものを知ることが重要です。

 

 税務ではたくさんの救済措置が備わっていますが、隠れたものに気づいてハッキリすることを避けるなら、折角の法律を使えないことになります。

 

 アドバイス

 更正の請求、欠損金の繰越、繰戻還付、修正の経理などがキーワードです。 

 

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 09:25 | pookmark
これまでのまとめ 2・・・いつまでもあると思うな親とカネ

 ヒ ン ト

 大きな経済の真実の状態は知ることはできません。たとえますと、地球の断面図を見た人は誰もいないように、経済の全体を知ることはできないのです。

 

 国の財政も、統計がオカシイようですから、どこまで実態なのかはわかりません。

結局「真」は見えないのです。

 

 しかし「事」は知ることはできます。

事実を知る手がかりは以下です。当たり前すぎますが、、

 ・今あなたの資金はいくらあるか。

 ・借金は幾らあるか。

 ・今月の収支はどうなるか

 ・税金をいくら取られるのか

 

 此処をしっかり見ることから始まります。

数年先の状態も見えるでしょう。

 

 「いつまでもあると思うな親とカネ」のたとえの通り、自己の資金を生み出すチカラの現実を知ることです。

浮かれて騒いでいる時ではありません。

 

 アドバイス

  いろいろな情報を見ますと、金融緩和はいよいよ終わりが近づいているように見えます。

銀行の貸し出しは厳しくなると予測します

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 09:08 | pookmark
これまでのまとめ 1

 要するに

 前提になる見かたは、次の通りです。

パイが小さくなりますから、小さいパイの取り合いになり、その結果、格差が拡がります。

・各産業分野の内、情報系や建設業は今のところ良いようですが、小売業は苦戦です。消費は今後も右肩下がりになるでしょう。

売上が縮小する傾向が加速して、利益率が落ち、分配に回らないのです。

・前世代からの資産のおかげで世間の資金は回っていますが、前世代の資産が尽きた時に本当の窮乏化時代が始まります。

 

 いまだに実態は赤字で、税金を支払う必要がないのに、少しだけ税金を払っておく、との古い観念が支配しています。これは我国特有の「空気」でしょうか。

 

 結局、赤字なのに黒字に見せて「人並」の申告で年々を過ぎてゆきますが、この姿勢からは、問題の解決がされないままになります。

 

将来へ持ち越されるのが次の問題です

・自分の実際の税金を払う力があるのかないのかワカラナイ

・払わなくても良い税金を払っておられる

・いつまでも借入金が減少しない

・金利が上昇し始めたら一気に落ち込む

 

 アドバイス

 

 冬の時代が来ますから、身の回りを見直して、貧乏にならないように賢い選択をしなければなりません。

国の景気が悪くなっても、自分の才覚で窮乏化から逃れることはできます。

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 09:36 | pookmark
アンチエイジング税務14:無に還るプロセス・・こうしたらこうなる、、その2

相続税額のおおよそが分かったら、その次に

 ・遺産の分割案を考えます。配偶者に多く分割すれば相続税は安くなりますが、次の相続税が待っています。

 ・納税資金を確保できていますか。

 ・内輪揉モメが起こりそうなら遺言書を用意します。遺留分に注意しましょう。

 

  これからは話合いができない、日本語が通じない、理解力が不足、忍耐ができない、すぐキレるのが普通です。子孫に修羅場を作らないために「こうすれば、こうなる」と先を読みましょう。

 

 本を購入されるのは、以上の財産継承の土台ができてから、よその例を知るためなどや、税理士さんの説明で理解しにくいところを客観的に確認するために本を調べることも良いでしょう。

 くどいようですがその前にあなたにとっての「内視鏡」である相続税試算の中味を知ることです。

 

 アドバイス

 最近は証券会社、信託銀行、不動産会社などが相続税試算の名目で近寄ってきますが、避けられることをお勧めします。

理由は目的違いであるからです。

 ・金融資産の手持額を知ってファンドや株式の購入を勧める、または金融商品を勧める、節税と称してタワーマンションなどの不

  動産を借入金とセットで勧めるためです。目的が違います。

 ・試算の内容が粗いです。全部が全部とは言いませんが詳細までの計算がされていない例が多いです

 ・提案書の最後には必ず「詳細は税理士さんなどの専門家にお聞きください」と逃げを打ってあります。初めから腰砕けです。

 

 なお税理士さんにも金融機関や不動産会社と提携されているかたもおられますので、中立性が保たれているかたを選ばれることです。

 

これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え

理士さんにも金融機関や不動産会社と組んでいる先生もおられますので、中立性が保たれているかたを選ばれることです。

- | 09:09 | pookmark
アンチエイジング税務13:無に還るプロセス・・こうしたらこうなる、、

 質  問

 相続税に関してですが、家内が同窓会で、相続税はエライコトになると言われて以来、幾冊かの本を購入しましたが読めば読むほど分かりません。

 

ヒ ン ト

 

逆のことをされておられます。

注意点の第一は

他人(親族も含め)は無責任です。あなたの実際を知らないでエライコトという言い方をされるものです。それを真に受けてはいけません。

 

 他所さんのことは関係ありません。あなたの相続税が幾らなのか、この点だけです。

例えば、大腸がんが増えている、という話を聞かれて大腸に良いサプリメントをどっさり購入されるのと似ていると思われませんか?

 

 大事なことは、内視鏡の検査を受けることです。ご自分の大腸がどのような状態なのか、何か良くない症状の芽がないか、ポリープがあるのか、それはどのような性質のポリープか、ご自分の眼でもモニターを見て、医師の話をお聞きになり自分の腸の現実を知ることがまず第一でしょう。

 サプリメントがあなたの体質に有効かどうかは分かりません。薬会社は売るために魅力的な効能書きを付けます。サプリは一般に当てはまるだけで、直接の効果はないでしょう。逆に害があるかもしれません。少なくとも不要な支出が生じることは確かです。

 

失礼ですが的外れなことをなされて、問題の解決にならないことをすることになります。

 

本屋さんで相続税の本を購入されることは、効くか効かないかもわからないサプリメントを買われることと同じです。

 

内視鏡ではないですが、専門の税理士さんを探し

 1、事前打ち合わせの際に気になることを包み隠さず言いましょう。

 2、準備する資料の範囲(登記関係や不動産周辺の写真や生保契約の内容なども含みます)

 3、その上で、現実に相続が起こったら幾らの相続税になるのか、を知ります。

 4、費用についても取り決めましょう。

 

 アドバイス

 具体的に数字でみれば実感が湧き、次の手を考えることに進めます。

 

 

 これらの切り口から最善の道を見出すためには、関連する他の法律、登記制度、遺言制度、社会保険、不動産取引などの各分野が影響しますので他分野の専門家との連携が有効です。着色部分が今のテーマです。

事業整理の判断 資産・負債・PCデータの整理 税金の払い過ぎがないか
成年後見・信託 相続への備え・・・遺言・遺留分と税金 更正の請求
認知症リスク 不動産整理の税務判断 相続税の税務調査への備え
- | 09:51 | pookmark

Copyright ©FOR YOU INTERNATIONAL Inc. All rights reserved.

Powered by ロリポブログ